FC2ブログ
プロフィール

プレパラキッズ大森国語作文教室

Author:プレパラキッズ大森国語作文教室
東京都、大正文士たちが集った地の、国語作文教室「プレパラキッズ大森国語作文教室」のブログです。
ホームページ http://www.preparakids.jp/ も、よろしくお願いいたします。
※ 2017.1.23 移転に伴い、教室名を変更しました。(旧教室名:プレパラキッズ大森山王国語作文教室)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

プレパラだより~プレパラキッズ大森国語作文教室
大正文士たちが集った地の、国語作文教室のブログです。
本だな:「ひみつのきもちぎんこう」
 平成28年度 全国青少年読書感想文コンクール

 課題図書(小学校低学年の部)


 ⇒ 【あらすじ紹介】、【感想文で悩んだら・・・】、【読者としてのひとこと】を。

 「ひみつのきもちぎんこう」
 
 金の星社 ふじもとみさと:作 田中六大:絵 定価1,188円 (本体1,100円+税)

ひみつのきもちぎんこう

   
 ☆ プレパラキッズでは、この作品をテキストに、感想文を書く夏期講座を開催します。
 ☆ 日程他、詳細は、6/1以降、ホームページ上でお知らせ致します。


【あらすじ紹介】


「ジャリーン!」
りくくんの頭をはたいたときに聞こえた音。
ここみちゃんの落とした本をけとばしたときに聞こえた音。
ゆうたが、気になっていたその音は、「きもちぎんこう」にコインがたまる音でした。
ゆうたは、あやしい番頭さんから、自分の「きもちつうちょう」が、「黒コイン」あと1個でいっぱいになると告げられます。

このままでは、自分の「いいこころ」が消えてしまう!
再びきもちぎんこうにかけこんだゆうたに、番頭さんは、「前は黒コインがいっぱいやった・・・」という、ここみちゃんの通帳を見せてくれます。
「銀色コイン」の存在を知り、「きもちつうちょう」のしくみが分かったゆうたは・・・


【感想文で悩んだら・・・】

小学生のみなさんには、こんな言葉をかけてみてはいかがでしょうか?
返事が返ってくるものがあったら、それが感想文の立派なモチーフになります。
返答・反応が、なかなか出てこない質問は、あっさり捨ててください。

・ はじめに、題名を見たとき・表紙を見たとき、どんなことを考えた?
・ 心に残ったページを1つ選ぶとしたら、どこ? そこを選んだのは、なぜ?
・ 心に残った登場人物は、だれ? その人について、どんなことを思った?
・ ゆうたのように、本当はいいことをしようと思ったのに、ちがうことをしたり、言ったりしてしまったことって、あった?
・ あなたの、ひみつぎんこうの通帳には、黒コインと銀色コイン、どのくらいずつありそう?
・ あなたが今までためた黒コインには、何て書いてあると思う? 今まで、どんなときにたまった?
・ これから、何て書いてある銀色コインをためたい? どんなときに、どうすればもらえると思う?

楽しいお話なので、ストーリーに対する感想だけでも、感想文として十分に成り立つと思うのですが、
「ぼくの黒コインには何てかいてあるだろう?」…など、
子ども自身の話に引き寄せて考えると、さらに一歩踏み込んだ感想文になると思います。

1・2年生の場合、自分の思いを「しゃべり言葉」にするのは得意でも、「書き言葉」に直すのは、まだまだ難しいようです。
そんなときは、少しお手伝いしてあげてもいいと思います。


【読者としてのひとこと】

「悪いことをしたら黒コイン」
「いいことをしたら銀色コイン」
・・・ではないのが、心憎いところだと思います。

番頭さん曰く、
「その人が ほんまに もっているきもちと ちがう【うそきもち】を あずかったときは、黒コイン」
「ぎんいろコインは その人がしたい ほんとうの きもち。 【ほんまきもち】や。」
・・・なのです。

ただ、番頭さんの言う、【ほんまきもち】を、「大人向け」に定義するのはなかなか難しい気がします。
「本当の気持ち」という言葉にしてしまうと、ちょっと説明が足りない・・・
あえていうなら、「だれもが心の中に持っているはずの良心、前向きな気持ち」・・・のようなものでしょうか。

「ほんとうは、あの子に親切にしてあげたい」
「ほんとうは、こんなとき、ありがとうって言いたい」

・・・せっかく持っている、そんな、すてきな気持ちを大切に。
はずかしい、むずかしそう、なんて尻込みしないで、言葉で、行動で、素直に表現すればいいよ。
もし、それがうまく出来ないときがあっても、また次からがんばればいいよ。

「きもちぎんこう」は、きっと、そんなふうに、みんなを応援してくれる銀行なのでしょう。


スポンサーサイト




テーマ: - ジャンル:学校・教育