FC2ブログ
プロフィール

プレパラキッズ大森国語作文教室

Author:プレパラキッズ大森国語作文教室
東京都、大正文士たちが集った地の、国語作文教室「プレパラキッズ大森国語作文教室」のブログです。
ホームページ http://www.preparakids.jp/ も、よろしくお願いいたします。
※ 2017.1.23 移転に伴い、教室名を変更しました。(旧教室名:プレパラキッズ大森山王国語作文教室)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

プレパラだより~プレパラキッズ大森国語作文教室
大正文士たちが集った地の、国語作文教室のブログです。
本だな:「きみ、なにがすき?」
 平成30年度 全国青少年読書感想文コンクール

 課題図書(小学校低学年の部)


 ⇒ 【あらすじ紹介】、【感想文で悩んだら・・・】、【読者としてのひとこと】を。

 「きみ、なにがすき?」
 
 あかね書房 はせがわさとみ:作 定価1,296円 (本体1,200円+税)

   
 ☆ プレパラキッズでは、この作品をテキストに、感想文を書く夏期講座を開催します。
 ☆ 日程他、詳細は、6/1以降、ホームページ上でお知らせ致します。


きみ、なにがすき?


【あらすじ紹介】


あなぐまは、ある日、草ぼうぼうの自分の庭を、友だちの好きなものを作る畑にしようと思い立ちます。

こぶたのためにじゃがいも畑を、
りすのためにりんご畑を、
うさぎのために・・・といろいろ計画しますが、友だちはみんな、自分の好きなものは自分で手に入れていて、あなぐまは、そのおすそ分けにあずかるばかり。

ついに、
「なにしたら、きみ うれしいんだい?」
と、ぷんぷん怒り出したあなぐまに、はりねずみは言います。
「きみの すきなものを なんでも。」

一晩じっくり考えて、あなぐまが作った 一番作りたいものとは・・・


【感想文で悩んだら・・・】

小学生のみなさんには、こんな言葉をかけてみてはいかがでしょうか?
返事が返ってくるものがあったら、それが感想文の立派なモチーフになります。
返答・反応が、なかなか出てこない質問は、あっさり捨ててください。

・ はじめに、題名を見たとき・表紙を見たとき、どんなことを考えた?
・ 心に残ったページを1つ選ぶとしたら、どこ? そこを読んで、どんなことを思った?
・ みんなが、あなぐまの考えたものを持っていたと知って、あなぐまは、どんな気持ちだったと思う? あなたが、あなぐまの立場だったら、どうする?
・ あなぐまが最後に作った物について、どう思う?
・ あなぐまは、どんな性格だと思う? なぜ?
・ このあと、あなぐまの庭は、どうなったと思う?
・ 他の人に、何かしてあげたのに(または、してあげようとしたのに)、喜んでもらえなかったことはある? どうして喜んでもらえなかった? そのとき、どんな気持ちになった?
・ もし、あなたの庭があったら、そこに何をつくりたい?

ストーリーに対する感想だけでも、感想文として十分に成り立つと思うのですが、「ぼくにも、こんな似たことがあった」「私なら、きっとこうすると思う」…など、子ども自身の話に引き寄せて考えると、さらに一歩踏み込んだ感想文になると思います。

1・2年生の場合、自分の思いを「しゃべり言葉」にするのは得意でも、「書き言葉」に直すのは、まだまだ難しいようです。
そんなときは、少しお手伝いしてあげてもいいと思います。


【読者としてのひとこと】

低学年向けの本としては小さめの字で、ページ数もありますが、読みやすい本だと思います。
すべてひらがなで書かれていますし、絵本の王道「くり返し」のお楽しみと、やさしいタッチの可愛らしい絵にも助けられて、ページを進めることが出来ます。

相手によかれと思うことをしているはずなのに、受入れてもらえずにイライラする・・・というのは、大人の世界でも、子どもの世界でも、実は意外によくあることなのではないでしょうか。誰も何も悪いことはしていないのに、自分の思いがムダになってしまったようながっかりした気持ちを、どうしたら良いのか・・・

「きみの すきなものを なんでも」作ればいい、
というはりねずみの一言に対して、あなぐまは、
「じゃあぼくの好きなミミズの沢山出る畑を作るよっ!」
・・・と答えたりはしませんでした。

あなぐまは、一晩考えます。きっと、「そういえば最初は、なんで畑にしようと思ったんだっけ」と、原点に立ち戻ったのではないでしょうか。そして、「ぼくがすきなもの」をとらえ直し、それを作ろう、というアイディアにたどり着いた・・・。
根っこにある気持ちを、もう一度考えてみることの大切さを、この本から改めて教わった気がします。


スポンサーサイト




テーマ: - ジャンル:学校・教育